産廃業許可の必要性は?

産廃業者に必要な許可証

産業廃棄物をそのまま捨ててしまうと不法投棄になってしまうため、産廃業者には産業廃棄物を処理するための許可証が国から認可されています。

その許可を受けるためには環境省令に基づいてその要件を満たす必要があります。産業廃棄物を処理するためには設備も法令に従って整備する必要があるため、法令の基準を満たした上で認可されるようになっているのです。産廃業者においては、収集運搬業について飛散や流出、そして悪臭の発散の恐れのない設備にて処理することが法令で義務付けられているのです。産業廃棄物の処分業においては、処分の対象となる廃棄物の処分に適した処理施設を整えることが求められます。

それぞれの基準を満たすと産廃業者として産業廃棄物の処理を行うことが許可されるようになるのです。これらの基準に関しては法令によって細かく規定がなされているため、その基準を満たすことが求められます。廃棄物と一言でいっても産業廃棄物と一般廃棄物に分かれていることは詳しくなければ知らないことかもしれません。産業廃棄物に関しては、事業活動によって生じた廃棄物のことで、その種類については廃棄物処理法で決められているものがそれに該当します。

一般廃棄物は事業系一般廃棄物、家庭廃棄物、そして特別管理一般廃棄物に分類されます。家庭から出る廃棄物は、一般家庭の日常生活に伴って生じる廃棄物のことをいい、これに関しても法令に従って処分することが義務付けられています。
産廃業の許可のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *