産廃業許可の必要性は?

産廃業にはなぜ許可が必要なのか

業種の中には全く許可を得る事無く営業する事が出来る物も珍しくありません。

しかし、その反対に業種によっては許可を得なければ罰則の対象となってしまったり、仕事内容も認められている範囲内に限って行えると言う場合も有るのです。その一つとして知られているのが産廃業です。産廃業は産業廃棄物等を処分する事を行う仕事の事で、実際に要らなくなったものを回収、運搬、さらに分別や処理等を行っています。しかし実はその仕事を行う上で全て同じ業者が行えるとは限らず、実際には回収だけとか、運搬だけと言った分業で成り立っている側面も否定できません。

ではなぜ産廃業を営む上で許可が必要となるかと言うと、そこには要らない物を正しく処分しなければならないと言うことが大きく関係しています。不要となった物は適当に捨てて良いかと言うとそうではなく、リサイクルできるかどうかを分別したり、部品に分けて再利用したりして正しく処分しなければいけません。したがって、その処分に関しては書類が必要となる事も多く、何かあった時の為に責任の所在を明らかにしておかなければならないのです。そこで必要となってくるのが許可です。

実際にその業者が廃棄物を処理する為の機材や技術などを所有している事を証明する物となっており、書類を作成する際も、その業者に責任があると証明する事が出来るようになります。このように責任の所在を明らかにする事によって、公的に正しく不用となった物を処分できるので、産廃業を営む為には許可が必要なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *