産廃業許可の必要性は?

産廃業の許可と優良産廃処理業者認定制度について

産廃業は許可を得て営業を行うことが法律で定めが行われています。

産廃業許可は産業廃棄物を収集運搬する業種、収集した産業廃棄物を処理する業種の2つに分かれています。さらに、収集運搬の中には特別管理産業廃棄物の収集運搬業、処分業の中にも特別管理産業廃棄物の処分業があるので注意が必要です。産廃業許可を得ることは産業廃棄物を取り扱う事業所にとってとても大切なこと、地球環境を維持する上では欠かせないものと言われています。産業廃棄物を取り扱う業者の中でも、優良産廃処理業者認定制度と呼ぶものがあるのをご存知でしょうか。

これは、通常の許可基準よりも厳しい基準を満たしている業者に与えられるもので、平成23年4月1日より運用が行われている制度です。都道府県などが優良性評価制度をさらに発展させたもので、厳しい基準を満たしていることで得ることが可能です。実績と遵法性・事業の透明性・環境配慮の取り組み・電子マニフェスト・財務体質の健全性などの概要があり、これらの中には多数のチェック項目が設けてあります。

優良産廃処理業者認定制度が適用された場合、通常5年間の有効期間が7年間に延長される、許可証は優良マークが付いているものとなり、排出事業者に対しての宣伝ができるようになるなどの利点を持ちます。尚、この制度が適用されるか否かの基本の中には、5年以上の産廃処理業の実績を持ち、5年間の中での不利益処分がないなどの実績と遵法性が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *