産廃業許可の必要性は?

産廃業運搬の許可について

他人の産業廃棄物を収集し、処分場などに運搬する事業は車両とスタッフさえいれば手軽に開始することができ、産廃業の中でも許可が容易に取得できると言われています。

しかし、過去に不法投棄などのモラルに反した行為を行う業者が増えたという事情もあり、産廃業の許可を取得する要件はかつてに比べて厳しくなっています。必要な条件について簡単にまとめます。まずは「財団法人日本産業廃棄物処理センター」が実施する許可申請に関する講習会を修了することが必要となります。法人の場合は取締役が、個人の場合は事業主が受講しなければなりません。

また、欠格事由(禁固以上の刑罰を受けて5年が経過していないこと、暴力団員であること、成年被後見人・被保佐人・破産者であることなど)に該当しないこと、経済的基盤があること、事業に必要な車両などを備えていることも求められます。さらには事業計画をしっかり立てることも求められています。これらの5つの条件をすべて満たすことが不可欠です。産廃業運搬の許可を新規で申請する場合には、非常に多くの書類の提出が求められます。

事業計画や資金計画、営業を行う施設に関する書類、法人や事業主の資格に関する書類、車両や保管施設に関する書類などが具体例です。これらの書類の準備は自力で行うことも可能ではありますが、初めての申請となると思いのほか時間がかかってしまうかもしれません。申請手続きのプロの行政書士などに業務を依頼することも視野に入れると良いでしょう。事業をスムーズにスタートすることが可能となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *