産廃業許可の必要性は?

産廃の業務を行うには許可申請が必要です

環境問題が大きな社会的課題になっている昨今、ごみ処理に関して無関心でいることはできません。

日本のごみの量の多さは突出したものがあり、国際レベルで見ますと日本のごみ排出量は世界トップに位置しております。焼却炉の数だけをとっても、二位のアメリカに4倍近い差をつけているほどです。ごみ焼却量はヨーロッパの環境先進国の10倍以上にものぼり、あわせてダイオキシン排出量も世界で一番になっています。廃棄物にすいては、産業廃棄物と一般廃棄物とに大きく分けられます。

産業廃棄物とは、事業活動の結果で生じた廃棄物の中で、法令で定められている20種類の廃棄物のことを指しております。産廃との略称で呼ばれるのが通例です。事業活動によって発生した廃棄物あっても、その20種類に該当していないのであれば一般廃棄物の範疇に分類されるのです。つまり、一般廃棄物は産廃以外の廃棄物であると理解して間違いありません。

産業廃棄物を排出する会社は、法律に基づいてみずからの事業活動によって生じた廃棄物を責任を持って適正に処理しなければなりません。一般的には、産廃処置を専門とする業者に委託することが圧倒的に多いです。産廃の保管や運搬、処理などに際しても法令で各種の基準が定められております。業務を行うに際しては自治体に許可申請することが銀づけられています。許可申請の手続きを怠っていると違法となり、法令により処罰される可能性があるのです。正規の産廃業者であれば例外なく所定の手続きを経て許可申請を行っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *