産廃業許可の必要性は?

産廃の許可申請を受けるために必要なこととは

産廃の処分を他人より委託を受けて業として行う上では許可申請が必要となり、それを得ることで初めて業として行うことが出来る様になります。

産業廃棄物は事業などを営む上でゴミが出るため、それを収集・運搬や処分を行うことを要します。ゴミは近年は野山などで不法投棄が問題になることも多いため、その事業の許可を受けることは大切な事となります。なお産廃の許可申請には収集運搬業と処分業の二つに大別され、その二つで許可が必要です。収集運搬については新規・変更・更新の三種類の許可に分けられ、処分業も同じく新規・変更・更新の三種類に分かれます。

産廃の許可申請を所定の様式による申請書で提出を行うことは重要ですが、それ以外でも事業を営んでも良いとする基準が存在するため、それに該当することが重要です。基準は許可の種類に応じた講習会を受講することで得ることが可能となります。他にも産廃の許可申請を受けるためには所定の手数料を支払う必要があり、新規・変更・更新のそれぞれの種類の許可に対応した手数料を支払う形になります。

手数料の支払いには各都道府県の収入証紙を購入して、それを申請書の台紙に貼る形で行います。届け出先は収集運搬業については県内に事業所が存在する場合には、主たる事業所の所在地を管轄する保健所となります。県内に事業所が存在しない場合は、県内の主たる営業区域を管轄する保健所です。一方、処分業の場合は県知事許可となりますが、主たる処理施設の所在地を管轄する保健所に届出を行う形になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *