産廃業許可の必要性は?

産廃の許可申請手続きは必須です

産業廃棄物、いわゆる産廃の処理には手続きが必要です。

産業廃棄物廃棄には運搬許可と処分業許可があり、それぞれの役割を担うためには必ず司法関係の許可が必要となります。産廃の収集運搬業の許可申請のためには、運搬用の車両などが必要です。なおかつ経理上の知識がありなおかつ環境担当認定の講習会の受講が必須となります。処分業の許可申請にはさらに複雑な手続きが必要です。近年、活躍中の不用品回収の許可申請とは、主に産廃の運搬許可申請を行う必要があるのですが、手続きが煩雑であるため無許可の業者が後を絶ちません。正しく産廃の処分業を行うために、必ず許可申請を行いましょう。

必要な書類にはさまざまなものがあります。まず車両の車検証や、経理的基礎知識のための直近3年分の決算書、納税許可証の提出が必要です。もし今後事業を行いたいのであれば今後の収支計画表でも可能となります。さらに講習会に関してですが、実際のところ現在日程がどれも満席になり講習会の日程を確保すること自体が難しい状態です。なるべく早期に予約し、受講する必要があります。

予約状況や日程は日本廃棄物処理振興センターで教えてくれます。実際に受講するのは各都道府県にある産業廃棄物協会が指定する場所となりますので、あくまで都道府県の講習受講が必要となります。実際の講習は2日間程度とのことですので、時間の確保を確実にできるように準備しておきましょう。これらの手続きに関しては、行政書士事務所などで代行してくれる場合があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *