産廃業許可の必要性は?

産廃の許可申請は確実に行いましょう

産業廃棄物、いわゆる産廃の回収や運搬には許可が必要です。

産業廃棄物収集運搬許可は、各都道府県で取得することが可能です。産廃を持ち運ぶ場所、廃棄する場所それぞれの管轄の都道府県において必要となりますから、許可申請が煩雑、困難になることが予想できます。では、早期の段階で産廃申請許可をすることが決まっている場合にはまず何をすることが優先になるでしょうか。それは各都道府県で実施されている環境大臣認定の講習会を受講することです。

この講習会は日本産業廃棄物処理振興センターにて日程と開催場所が告知されています。こちらのサイトにアクセスすることで、最寄の都道府県の講習会の予約が可能です。しかし日程は非常に混雑していますので、注意しましょう。他に必要となるものには、許可申請を行う車両の画像とその車検証です。加えて運搬容器も必要となります。

所有者と申請者が同一か異なるかによって許可申請が可能である自治体とそうでない自治体が存在していますので、どの自治体での許可申請が適用されるのかを把握しておくのが大事です。さらに、経理的能力を判断する材料として会社の直近3年分の決算書と納税証明書が求められます。これから会社を設立する場合は収支計画書で問題ありません。ここでも自治体ごとによって申請が下りるケースとそうでないケースがあります。非常に細かいことですので、もし可能であれば行政書士などの専門家に相談するという手段を取りましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *