産廃業許可の必要性は?

産廃許可申請について

産廃処理業ではいくつかの許可申請を行う必要がありますが、申請については、各自治体に行う必要があり、申請をしてから実際に許可が下りるまでは新規で1ヶ月半から2ヶ月半ほど、先行許可制度のあるところであれば1ヶ月以内に許可が下りることもあります。

産廃許可を得るためには、自治体で開催されている講習会を受講する必要があります。居住地での講習会をなかなか受けることが出来ないという場合には、近隣の都道府県の受講することが出来るところを選んで受講するようにしましょう。講習会の最後には試験があり、落ちた場合でも追加料金なしで再試験を受けることが出来ます。

しかし、再試験については次回以降の講習会となり、許可申請に間に合わなくなる可能性もありますので、複数人の従業員で受講したほうが安心感があります。産廃許可申請を行う方法は事業者自身が行う方法と行政書士などに依頼する方法に分けることが出来ます。自分で行った場合、行政書士などに報酬を支払う必要はありませんので、費用を安く抑えることが出来るというメリットがあります。

しかし、その一方で申請を行うためには多くの書類を用意する必要があり、多くの時間と手間を要する・事業を行う都道府県ごとに許可を得る必要があり、それぞれに独自のルールがあるためそれらを調べる必要があり、事業に支障をきたす可能性があるというデメリットがあります。確実に許可を得るためには、行政書士などに依頼することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *