産廃業許可の必要性は?

産廃の許可申請について

産廃の許可申請をおこなうためにはいくつかの条件があります。

まずは講習会へ参加しなければなりません。この講習会は日本産業廃棄物処理振興センターが主催しており、産廃の知識を得ることが目的です。ただ参加すればいいのではなくきちんと確認のテストもありますし、それに合格して修了証をもらわなければ産廃への許可申請はおこなうことができません。また、産廃の許可申請に関してはいくつかの条件をクリアしていることが求められます。

まずは経理的基礎で財政的に基盤がしっかりしていることが大切です。事業計画なども必要ですし欠格要件に該当していないかなどを調べられます。さらに産廃の許可申請には産業廃棄物を収集し保管するための施設や運搬のための車両を確保しているかなどもチェックされます。車両に関しては適正であれば一台でも大丈夫ですが、まずはここまで用意しておくことが求められます。これらの条件をそろえた後それに伴う書類の提出があります。

個人や法人によっても異なりますが10種類から12種類を添付書類なども加えて用意しなければなりません。ですので、産業廃棄物業をおこなうに当たっては許可申請を代行してくれる会社に依頼するのが一般的になっています。専門におこなっている会社や行政書士などはたくさんありますので、自分の条件に合ったところに相談してみるとよいでしょう。慣れない書類などで時間をとられるよりも専門家に迅速におこなってもらったほうが本業をすみやかに開始することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *