産廃業許可の必要性は?

産廃の許可申請なら代行業者へ

産廃の許可申請は実はなかなか難しいため、自分でしようとすると非常に時間も手間もかかってしまいます。

まずは日本産業廃棄物処理振興センターが主催の講習会に出席することがもとめられます。この講習会はそれほど頻繁におこなわれているわけではありませんので事前に調べてきちんと予約する必要があります。予約もすぐに満員になってしまいますので取れなければ次を待たなければなりませんし、希望の場所で受けることができなかったりします。

さらに受けるだけではなく確認のテストも実施されますので、それに合格し修了証を受け取らなければ産廃の許可申請はできません。さらにその後いくつかの書類の提出もありますし添付資料なども用意します。産廃の許可申請は積み下ろしをおこなう都道府県ごとにおこなう必要がありますし、提出書類なども都道府県で若干異なるときもありますので十分慎重することが大切です。

このように産廃の許可申請は非常に面倒で時間もかかり、なかなか事業を始められないということもあって初めから産廃許可申請の代行をおこなってくれる業者に依頼するのが一般的になっています。行政書士などを有する会社などに依頼すれば、迅速に書類などを取り寄せ記入してくれますし、講習会なども予約してくれます。ですので、産業廃棄物業を始めたいのであれば、専門の代行業者に依頼するのが一番の時間短縮になりますしミスなく申請をおこなってもらえますのでおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *