産廃業許可の必要性は?

産廃の許可申請と代行業者に依頼できること

産業廃棄物収集運搬業を始めたいけれど、申請書類の作り方が複雑すぎてわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

代行業者に許可申請を依頼することをお勧めします。産廃の仕事を始めるには、産業廃棄物の積卸しを行う区域を管轄する都道府県や政令市の許可が必要となりますが、代行業者に許可申請の手続きを行ってもらうことができるため、気軽に事業を始めることができるはずです。忙しくて申請書類を作成したり取得する時間がない方は、安心して許可申請の手続きをお願いすることができるのではないでしょうか。

許可を受けずに産業廃棄物の運搬を行った場合は、5年以下の懲役や1000万円以下の罰金、これを併科されることになるため、注意することが大切です。不許可の場合はどうなるのか不安を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、心配する必要はありません。許可保障制度がある業者もあるため不安を感じることなく依頼することができます。また、仕事が軌道にのるか不安を感じている方もいらっしゃるはずです。

多様な業者を紹介してもらうことができる場合もあり、産廃事業運営を総合的にサポートしてもらうことが可能です。トラブルがおきた場合は、弁護士や弁理士、建築業やデザイン業等紹介してもらうこともできるため、安心して相談することできるのではないでしょうか。産廃事業を発展させたい場合は、代行業者に優良事業者認定やそのためのISO4001、エコアクション21のサポートもお願いすることができる場合があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *