産廃業許可の必要性は?

産廃の許可申請は代行してもらえます

産廃の許可申請を受ける時には、たくさんの煩わしい手続きがあります。

まずは産廃許可の講習修了証をもっているかいないかで変わってきます。講習修了証を持っているのであれば自治体へ許可申請を受けるための事前予約をして空きがあれば数日で申請をだせますが、タイミングが悪いと予約を取れるのが2か月ほど先になるという事もあります。その後60日ほどで許可通知書が発行されて、営業開始できます。これがもし、講習修了証をもっていない場合は産業廃棄物の許可申請に関する講習を受ける必要があります。

講習会はいつでも開催されているわけではありませんので、開催日や開催される場所などを自分で調べる必要があります。講習修了証を手に入れた後は、自治体に事前予約をして許可通知書を発行されるまでの手順を踏むこととなります。講習を受け、自治体への事前予約をし、許可申請を受けるまでには長い時間もかかります。スケジュール管理や必要書類など細々としたものも一つ一つ調べて用意しなければいけません。

ですが、産廃の申請を代行して行ってくれる代行業者に手続きを依頼することで、これらすべての手続きをしてもらえます。代行業者はプロです。申請の手順も必要書類も熟知しています。言われた通りの書類を準備するだけのお手軽さで簡単に営業開始にまでたどり着けます。スムーズに事を進めるために、まずは産廃の許可申請を代行してくれる業者に相談をしてみるという事をお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *