病院の債権とファクタリング

ファクタリングは入金の時期には至らないものの相手が支払うべきものとして決まっている債権がある場合に、その債権を早期に現金に変えることができるしくみのことをいいます。

ファクタリング会社のランキング情報を探すならこちらです。

その現金化の手段として、専門にしているファクタリング会社に債権を買い取ってもらうのが一般的なイメージです。

したがって銀行の事業性ローンなどとは異なりますが、ファクタリングの利用にあたっては同様に審査を受けてから契約となることは共通しています。

もっとも銀行ローンのように審査に時間がかかることは少なく、手続きから数日もあれば現金化することができるスピーディーさも魅力となっています。



債権といってもいろいろな種類があり、一般的なものは取引先に対してもっている売掛金債権ですが、もしも病院や診療所などの医療関係であれば、患者の診療報酬債権もファクタリングになじみやすい債権のひとつに挙げられます。



公費負担にあたりますので入金までに数か月程度はかかってしまうのが普通ですが、そのかわりとして支払いを踏み倒されるリスクがまずあり得ない債権という大きなメリットをもっています。このようなメリットをアピールすればファクタリング会社のほうでもすぐに買い取ってもらうことができ、一般的な債権に比べると手続き的にはスムーズに進むことも多いといえます。

病院や診療所の経営の上では突然の出費も少なくはありませんが、診療報酬債権をすみやかに現金化して手元に置くことができれば、そのような不安も払拭されます。