ファクタリングが病院や診療所におすすめの理由とは

ファクタリングを利用すれば、売掛債権を即日で現金化をすることができます。
買取サービスを利用する際の審査は、基本的に売掛金を支払う取引先の信用力がチェックされます。

ファクタリングのおすすめ情報を探すならこちらです。

そのため、取引先の貸し倒れリスクが低い(信用力が高い)方が手数料が低くなり、換金率が高くなるというメリットがあります。



売掛金を支払う予定の取引先の会社が零細企業で信用力が低いと、審査に通過できずに買取を拒否されてしまうケースがあります。
信用力が低くても買い取りに応じてもらえるファクタリング会社を利用する方法がありますが、このような場合は手数料の割合が2割以上で換金率が低くなってしまいます。ファクタリングで売掛金の買取サービスを利用する際の審査で優良債権とみなされるケースとして、医療機関の診療報酬があります。

医療機関の売上(診療報酬)は患者が支払う診療代は3割で、残りの7割は健康保険組合から支払われます。
民間の健康保険組合や自治体の国民健康保険であれば確実に保険料が入金されるので、債権が焦げ付いてしまうリスクがありません。病院や診療所などの医療機関の口座に振り込まれる予定の診療報酬は優良債権なので、数%程度の低い手数料で現金化が可能です。



中には診療報酬の買取サービスを専門にする手数料の低いファクタリング会社が存在します。

医療機関ですぐに資金が必要になった場合には、手数料が低い(換金率が高い)医療機関専門の買取サービスを利用することができます。